/産業革命は、実際に機械を作るために必要な規格品互換ネジが大量生産されてこそ始まった。それで、ネジは「産業の塩」と呼ばれるが、長年の惰性や、材質の勉強不足、製造や修理の途中の工程に対する理解不足で、いま、かえってトラブルの元凶となってしまっている。/


産業革命を実現したのは、水力でも、蒸気でもない。ネジだ。機械は、頭の中でなら、なんとでもできる。だが、実際にそれを作るには、部品と部品をつなぐネジが不可欠。1800年、ロンドンの機械職人モーズリーがネジ切り旋盤を開発。これによって、互換性のある規格品としてのボルトとナットが大量生産され、こうして、実際にさまざまな機械が組み立てられるようになって、現実の産業革命を引き起こすことができた。


 車一台二万本。トースターやパソコンから橋梁、原発まで、ネジだらけ。ネジがなければ、始まらない。それで、ネジは「産業の塩」と呼ばれる。しかし、あまりに当たり前になっていて、ムダ遣い、デタラメ遣いも多い。


 まず、ほんとうにそのネジは必要か? 1本を締めるのに、ネジを取って、ネジ穴か、ドライバーの先端につけ、これを適切なところまで、適切なトルク(強さ)で、締め上げなけばならない。手間は、コストだ。フレームの片側を引っかけにすれば、ネジは反対側だけで済む。これで、手間は減るし、強度も上がる。


 つぎに、ほんとうにそのネジは適切か? たとえば、2つハンドルの洗面蛇口。樹脂のハンドルは、スピンドルの溝にはまっている。そして、そのハンドルをスピンドルに取り付けしているネジ。ハンドルを上に引き抜く力がかかることは、まずありえない。にもかかわらず、このネジの長さが、ムダに24ミリもあるのだ。図面を書いたやつがバカで、現場のことをなにも考えていなかったとしか思えない。ムダに長ければ、締めるのも、緩めるのも、ムダに手間がかかる。おまけに、折れたり、固着したり、トラブルの元凶。


 そして、ほんとうにそのネジで大丈夫か? 最近、うちの木のイスのネジが折れた。折れた頭を抜くのに、ものすごい手間がかかった。材質は、なんとステンレス。これも、企画したやつがバカ。ステンレスは、たしかに直接には鉄より固いが、粘りがない、膨張する、ウケと材質が違うと、ステンレスでもネジは意外に半端に錆びて自滅的に折れる、等の問題もある。どうしてもぐらつきをくらわざるをえないイスなら、素朴な鉄ネジの方が始末がよかったはず。だから、強度と耐久性とのかねあいで、木工や住宅などでは、あえて表面が錆びる鉄釘を使うことも多い。


 2012年の笹子トンネル天井板落下事故も、1本だけのボルトを真上向きに接着剤で止めてあるだけ、などという杜撰な設計ミスが最大の原因。現場では、こんなんでいいのか、と思っても、図面通りにやるのが仕事。本社に余計なことを言ういとまも無い。だが、設計の方にしても、長年の惰性で、昔からの規格がなんとなく引き継がれていたり、材質の勉強不足のままにデタラメな図面を起こしたり、実際の製造や修理の途中の工程を考えずに、出来上がりだけが立派な絵図を引いたり。


 組織としても、設計と現場を繋ぐ「ネジ」が劣化している。製造や修理の現場からのフィードバックをきちんとすれば、根本から設計思想を改善できるものは、我々の身近にかなり多い。サービスやコミュニケーションでも同様。ネジを、書類や連絡、会議に置き換えてみれば、よくわかる。いまだに紙で会議書類をプリントアウトして綴じて配って回収したり、緊急の伝言メモを帰社して机につくまで読めなかったり、わけのわからない掛け声だけでデタラメの決算書類を大量に捏ち上げていたり。


 その書類、その連絡、その会議、ほんとうに必要? ほんとうに適切? ほんとうに大丈夫? 産業革命から二百年。ネジも、組織も、劣化してきている。とくに日本は、惰性がひどい。天井板が落ちてくる前に、ネジを見直し、締め直そう。


by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka. 大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。著書に『死体は血を流さない:聖堂騎士団 vs 救院騎士団 サンタクロースの錬金術とスペードの女王に関する科学研究費B海外学術調査報告書』『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソン 洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)

PR 純丘曜彰の新刊!『アマテラスの黄金:隣のおねえさんはローカルすっぱい!』