/○○しさえすれば、と言うやつらは、しょせん商売。それに乗せられて変えてみたところで、もっと大変になるだけ。やっかいで、うまくいかない、気に入らない物事でも、それは君の世界の一部。それらを理解し、感謝し、協力し合わなければ、君の世界を良くはできない。/

 市を潰し、都にしさえすれば、って、乗っかって騒いでいる連中を見ると、哀れだ。勝っても、負けても、その発想、その生き方が、永遠の負け組。政 治家、アイドル、スポーツ選手。やつらは、自分たちの人気取りのために、みんなに嫌われている敵を定めて攻撃し、それに勝つための応援をよろしく! と、連呼する。それがやつらの商売だから。でも、シロウトの君がいくらやつらを応援しても、君は利用するだけ利用され、最後には捨てられる。


 阿Qって、知っているか? 魯迅の短編小説の主人公。こいつがクズの中のクズで、「精神的勝利法」とか言って、ダメダメな状況でも、屁理屈で自分自身をごまかし、人を小馬鹿にして、 それでよけい村人たちから呆れられている。それが、辛亥革命だ、って言うんで、ようやく自分の時代が来た、って、勝手に「革命家」を名乗り、村で好き勝手 をやらかしまくるが、銃殺。


 王様を処刑さえすれば、と始まったフランス革命は、大混乱の恐怖政治で、だれもかれも断頭台送りにした後、結局、ナポレオンを皇帝に戴き、その皇帝も島 流しにして、また王政に復古。本人がどこまで本気だったのか、ユダヤ人を絶滅さえすれば、と熱弁を振るったヒトラーも、瞬く間に失業者のクズ連中が大量に 周辺に集まってきて、本当に実行せざるをえなくなり、世界中を敵に回して、国民の多くを戦死させ、都市のほとんどすべてを壊滅させ、第一次大戦後の復興を すべてワヤにした。


 ダメな連中は、自分がうまくいかないと、すぐ、制度が悪い、と言う。東大を無くしさえすれば、政権を取りさえすれば、憲法を変えさえすれば、天皇制を廃 止さえすれば。個人でも、そう。転職さえすれば、離婚さえすれば、カネを借りられさえすれば。でも、君にそう吹き込む改革政治家も、左翼新聞社も、転職支 援企業も、離婚弁護士も、悪徳サラ金も、しょせんそれはやつらの商売。頭の弱い連中が騙されて乗ってくれないと、仕事にならない。でも、現実は、改革し たって、廃止したって、転職したって、離婚したって、カネを借りたって、それはそれでまた、もっと大変になるだけ。


 もちろん、今の状況がダメなのは事実だろう。それで、連中は、抜本的改革、を売りものにする。けれども、連中に乗せられ、変えた状況も、どうせなにかが 致命的にダメ。今の状況なら、どこがダメかわかっているだけ、対策も立てようがある。が、変えた状況では、何がダメなのか、まったく予想もつかず、信じら れないほど恐ろしく手痛い思いをする。それで、後になって、前の状況に戻りたがるが、もう手遅れ。


 物事がうまくいかないのは、もちろんやっかいな制度やモノ、相手のせいもあるだろうが、それ以上に、そういうやっかいな制度やモノ、相手を使いこなせな い自分のせい。ギターも、買っただけで弾けるわけじゃない。自転車も、手に入れただけで乗りこなせるわけじゃない。ブログだって、ユーチューブだって、始 めただけで人気者になれるわけじゃない。有名企業に就職したって、司法試験に合格したって、選挙で首長に当選したって、すぐになんでも好き勝手にできるよ うになるわけじゃない。


 まともな人間は、うまくいかないと、うまくいかないところを見極め、鍛錬を重ね、次こそは、と再チャレンジする。そうやって少しずつ失敗を減らし、やっ かいな物事でも、やがて自分の手足のように、うまく使いこなせるようになっていく。一方、ダメな連中は、ちょっとうまくいかないと、すぐ制度のせい、モノ のせい、相手のせいにする。自分を省みること無く、暴言を吐きまくって放り出す。そうやって次から次へとなんでもケチをつけて、乗り換え続ける。結局、ど れもうまくはいかない。人として大成しない。絶対に幸せにはなれない。阿Qのように自分自身に呪われた永遠の敗北者。


 なにかを変えさえすれば、と言うやつらがいたら、それがやつらの商売で、君を乗せて自分たちの権益利得を増やそうとしているだけ、ということくらい気づ けよ。他人の応援なんかするヒマがあったら、自分自身ががんばれよ。自分の手元にあるもののありがたさは、失ってみないとわからない。失ってしまってから では、取り戻そうとしても、それは二度と君の手には入らない。問題は、制度やモノや相手じゃない。もともと世界は君一人でできているわけじゃない。やっか いな制度、うまくいかないモノ、気に入らない相手まで含めて、それが君の世界。君自身が変わって、心を入れ替え、君の手元にある物事のありがたさを理解し 感謝し協力し合わなければ、君の世界を良くはできない。

 

(大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門 は哲学、メディア文化論。著書に『夢見る幽霊:オバカオバケたちのドタバタ本格密室ミステリ』などがある。)