/サンタの白い袋に入っているプレゼントは、おもちゃなんかじゃない。ほんとうにたいせつな、子供の幸せを祈る気持ちだ。/

「おい、そこのあんた。あんた、サンタか?」「うわっ!」「驚くこたぁ、ないだろ。老人はみんな早起きなんだ。朝の散歩だよ」「まだ真っ暗な四時で すよ。寒いでしょ」「そりゃ、おたがいさまだ」「でも、なんで、わたしがサンタだって思うんですか?」「そりゃ、クリスマスの晩に、太った年寄りが赤い服 を着て、白い袋を持って、トナカイのソリに乗ってうろうろしてたら、サンタにきまってる」「そうですか……」

「だけど、あんた、の んびりしている場合じゃないだろ。もうすぐ夜が明けるぞ」「それが、ちかごろ、この国は子供が減って、いつもより早く終わってしまって、一息ついていたと ころでして」「そうだな、この辺はもう年寄りばっかりだ。子供なんかいやしない。おまけに、ちかごろの子供ときたら、ろくなもんじゃない。ゲームがほし い、メダルがほしい、と、うるさい、うるさい。ここ数日、病院や薬局の待合いでも、何万円のなんとかを買ってやったら、すごく喜んだ、とか、抱きつかれ た、とか、そんな孫自慢ばっかりだ」「あなたも?」「いや、私は年金暮らしで、そんな余裕は無いよ。プレゼントも無しに、孫に会いに行ったって、うっとう しがられるだけだろ。そうでなくても、もうここ何年も、息子のところにも、娘のところにも行っておらん」「そうですか……」

「しか し、あんたも大変だな」「?」「いったい、あんた、どんだけカネを持ってるんだね? 世界中の子供たちにプレゼントを配って歩くなんて、そりゃまあ、長年、すいぶん酔狂な善行だとは思うが、私から言わせりゃ、あんたのやってるのは、ただの 金持の嫌みな道楽だな」「え? なにか勘違いしてませんか?」「その白い袋、子供たちへのプレゼントが入ってるんだろ?」「まさか」「じゃ、何が入ってるんだ?」「見ますか?」

「な んだ、これ? やたらと甘い匂いがするな」「クッキーですよ。子供が自分たちで焼いたジンジャーブレッドもありますよ」「子供たちへのプレゼントは?」「私が行く前から 置いてありますよ。大きいの、小さいの、いろいろですが、親御さんたちがやりくりしてなんとかするんでしょうね」「じゃ、あんたは?」「子供たちが準備し てくれたクッキーを食べてくるだけです。でも、年来、ちょっと太りすぎで、お医者さんに節制を勧められてましてね、この袋に入れて持って帰って、一年かけ てゆっくりいただくんです」「それだけ?」「眠っている子供たちの寝顔を見て、この子が幸せになれますように、と、祝福を伝えるんですよ。本業はあくまで 司教ですからね」

「いいな、あんたは特殊技能があって」「おや、あなただって、お孫さんたちの幸せを祈ることはできるでしょ」「そ りゃ、祈ってるよ、毎日、祈ってる。朝も、晩も、いつも祈ってるんだ」「だったら、行って、そう伝えてあげたらどうですか? お孫さんは、どこか遠いところに住んでいるんですか?」「いや、電車で数駅」「じゃあ、いっしょに行きませんか?」「あんたも疲れてるだろ。自分で行かれ るよ。いまから歩いて行けば、ちょうど駅で始発だ。その前に、コンビニでクッキーでも買っていってやろう。それくらいの小銭なら私にもあるさ」「いい案で すね」

「でも、こんな朝早く行って、ボケたなんて思われないかな」「クリスマスの晩は、こんな太った年寄りが、赤い服を着て、白い袋を持っ て、トナカイのソリに乗ってうろうろしているんですよ。実のおじいちゃんが朝早く孫の家の訪ねるくらい、何ですか。とはいえ、長居は無用です。ただ、大好 きだ、とだけ、伝えればいいんです。それがクリスマスですよ」


by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka 純丘曜彰教授博士

(大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。)