純丘曜彰教授博士:生活の哲学 Prof.Dr. Sumioka's Philosophy

大阪芸術大学芸術学部哲学教授の純丘曜彰博士が日常の生活の中にある身近な哲学について平易に語ります。

2013年04月

/きみは企業説明会のお客様ではない。きみを買うかどうか迷っているのは企業の方だ。就活以前に売るべきものを仕込み、相手の需要を理解して、自分こそそれであることを示してこその営業。だが、飛び込みは断られて当然。仕事に取り組むタフさが就活で問われている。/

 エントリーシートがしんどい、説明会に行くカネや時間がもったいない、等々の就活学生のグチを聞くと、なにをいまだに温いことを、と思う。就職したって、毎日がそんなものだ。お客なんて、買ってくれるかどうかわからんに決まっている。だが、わからんからこそ、直接に足を運んで、売り込みをするんだよ。

 就活は、自分を売る人生最初の営業活動だ。きみの志望企業かどうかなんて、どうでもいい。重要なのは、相手がきみの需要企業かどうかだけだ。相手が自分を欲しいと思ってくれてこそ、内定をもらえる。売り込みを成功させるには、相手の企業がどんな人材を求めているのかを調べ、それがまさにこの自分であることを示さないといけない。なのに、入りたい、入れてください、お願いします、ばかり。それどころか、いきなり、ぼくは企画志望だから、とか言うバカまでいる。だが、顧客側のニーズもまともにつかめていないようなやつに、企画の仕事なんかできるわけがない。

 長年の客ボケとしか言いようがない。ガキのころからデパートやレストランはもちろん、学校や病院でさえ「お客様」としてチヤホヤされ続けた結果、就活でも、高い交通費をかけて説明会にまで行ってやるんだから、自分の方がもてなされて当然、と勘違いしている。だが、立場は180度違う。きみを買うどうか迷っているお客様は、企業の方だ。そこで相手をもてなすべきは、きみの方だ。なのに、お客様の状況や需要も調べず、気に入ってもらえるようなネタも持たずに手ぶらで営業の席に着くようでは、話にならない。

 そもそも売る商品があるのか。独学で簿記2級を取りました、とか、一年間の語学留学で英会話に不自由しません、とか、就活以前に、売れ筋の商品を仕入れておくのは当然。なにひとつ売るべきものも無しに、営業にだけ来られても、来られた方が困る。いるだけの人材なら、いまやどこでも内部に中高年が有り余っているのが実情だ。若手だかなんだかしらないが、二十年も生きてきて、なんのウリも身に付かなかった、すでに完全不良債権の人材を、この以上に引き受けるようなおめでたい企業は絶対にどこにも無い。

 これというウリがはっきりとあるやつは、十も、二十も、あちこちから引く手あまた。こうなってこそ、どこでも、自分の行きたい企業を自分で選べる。一方、内定をもらえないやつは、完敗。というより、どこの企業からしても、そもそも最初から存在していなかったも同じ。なんのウリも無い、まったく必要としていないのだから、落とした、とさえ思っていない。グチをほざいても、ゴマメの歯ぎしりにもならない。

 厳しいが、この意味で、勝敗は、就活を始める以前についてしまっている。やりたい仕事がどうのこうの、行きたい会社、働きがいのある会社がどうのこうのと、寝言をほざいているヒマがあったら、企業が高い給与を払ってまで来てほしいと思ってもらえる人材になる、という実質の方をどうにかした方がいい。それが間に合わないなら、せめて自分を必要としてくれるところを探し出して、そこに売り込みをかけるしかあるまい。必要としていない相手にムリな営業をかけても、相手も迷惑するだけで、なんの成果も出まい。

 もともと飛び込み営業なんか、玄関先で断られて当たり前。だから、靴をすり減らし、次へ次へと歩き続ける。そういう精神的なタフさが就活で試されている。もう就活から仕事は始まっているのだと割り切り、断られても、さあ、では次、と、満面の営業スマイルを取り戻し、背筋を伸ばして、元気よくまた最初の挨拶から始めよう。


by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka 純丘曜彰教授博士 (大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン)
 オフィシャルサイト http://www.hi-ho.ne.jp/sumioka-info/
 生活の哲学  http://sumioka.doorblog.jp
 ニュースの蜂 http://newsbee.doorblog.jp

/直接浅薄な刺激と興奮で庶民から小銭を毟り取っても、その繁栄は徒花。地理歴史、自然科学、アートやスポーツを幅広く知ってこそ、人生に深みが生まれ、その勉強の努力や苦労を助けるところにこそ、物やサービスが売れ、真の文明的な繁栄がある。/

 いくらカネが溢れても、投資から投資へカネが空回りするだけで、実際の生活の質は豊かにはならない。それは、本を読めない連中、楽器を弾けない連中が、本や楽器をくるくるとたがいに物として転売しているだけのようなもの。江戸時代数百年の繁栄は、教育の普及によって庶民が読書や音曲、趣味、旅行など、生活を楽しむ術そのものを身につけたことによることが大きいことを思い出そう。

 いまの経済では、物を買うことでしか人は社会に参加できない。だが、いくら物を買ったところで、ごちゃごちゃとした物の山に埋もれ、狭い家がさらに狭くなるだけ。いよいよ何もできなくなる。そもそも物は道具にすぎない。それを使って楽しむには、相応の教養や技量がいる。楽器やカメラが典型だが、それを使って楽しめるところまで至るには、相応の教育と練習がいる。そこからきちんと解決しないかぎり、本当の意味での文明の繁栄にはならない。

 車もそうだ。免許が無ければ、車は買っても仕方無い。どこか行ってみたいところが無ければ、免許を取ろうとも思うまい。そして、どこか行ったところで、何だかわからなければ、意味が無い。たとえば、ようやく免許を取って気になる相手を車に乗せ、出雲大社や縁結び大社に連れてきたところで、その相手が、ここってどこ? こんな古くさいところなんか大嫌い、電車で行ける出銭ランドの方がよかったのに、では、すべてムダ。

 昨今、どうせ受験で必要がないから、社会や理科、芸術や体育はまともにやらない、という学校、学生も少なくないようだ。だが、勉強は、受験のためにやるわけではない。地理歴史、自然科学、アートやスポーツを幅広く知らなければ、人生そのものの深みが広がらない。パチンコや風俗、ブランド品やテーマパークのアトラクションで時間とカネを浪費し、宝くじで人生の一発逆転を狙ってみたところで、その末路は知れている。大金を注ぎ込み、チヤホヤされている間だけは、その直接浅薄な刺激と興奮で、哀れで惨めな現実を見ずに済むが、カネの切れ目が縁の切れ目。残るのは、借金の山だけ。

 世の中がつまらない、つまらないと思うやつは、本人がつまらないから。何をやろうと、どこへ行こうと、いくらカネを使おうと、つまらない自分自身からはけっして逃れることはできない。いくら熱心にゲームの中でキャラクターのレベルを上げたところで、そんなことで貴重な人生をムダに過ごしているだけの本人の価値、存在意義は下がる一方。教養というレンズを通して世界の奥行きを知り、自分自身を高めていくことなしには、本当の意味でおもしろい世界に足を踏み入れることなどできない。

 庶民から手持の小銭を毟り取り、その短い人生を使い潰すような掠奪経済での繁栄は、一時の徒花にすぎない。国民としての生活の質、国家としての文明の質は、いずれさらに貧窮する。あの強大なローマでさえ、目先の繁栄を維持するために、パンとサーカスに溺れ、結局は潰えてしまったではないか。

 問題は、少子化とも同根。子育てや勉強には努力と苦労がつきものだ。だが、それを避けていては、その先には進めない。いや、その努力や苦労を楽しむ生き方もあることを思い出そう。そして、その努力や苦労においてこそ、それに助する物も売れ、サービスも求められる。政府や企業も、学校はもちろん、自動車の免許から楽器の演奏、スポーツ振興まで、教育投資で国民自身の質を上げてこそ、真の経済繁栄があることを思い出そう。


by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka 純丘曜彰教授博士 (大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン)
 オフィシャルサイト http://www.hi-ho.ne.jp/sumioka-info/
 生活の哲学  http://sumioka.doorblog.jp
 ニュースの蜂 http://newsbee.doorblog.jp

このページのトップヘ